さいたま市緑区太田窪の歯科医院「志田歯科医院」

被せ物の比較及び価格(歯の色に合わせた冠)

硬質レジン前装冠
材質:12%金銀パラジューム合金プラス硬質レジン
プラスチックで加工するので、白く出来るが長期使用で変色する。金属と科学的に結合しないので強度が弱い。金属アレルギーの可能性が有る。前歯のみ適応。
価格:保険適応範囲
ハイブリッドセラミック冠
材質:プレスチックとセラミックの混合
保険のレジンより変色は少ないが多少変色する。セラミックよりは柔らかかく強度も低い。金属アレルギーが起こる可能性が低い。
前歯、奥歯に適応。
価格:54,000円
ハイブリッドセラミック前装冠
材質:金属プラスハイブリッドセラミック
ハイブリッド単体より強度が有るが、金属を使うので透明感が劣る。金属アレルギーの可能性がある。レジンよりは変色が少ないが、セラミックより変色する。
前歯、奥歯に適応。
価格:54,000~64,800円
ポーセレン・メタルボンド冠
材質:金属プラスセラミック
変色が無く金属とセラミックが科学的に結合するので強度が強い。吸水性がないので変色がない。複雑は歯の色を出せるが、金属を使用するので、透明感はオールセラミック冠より劣る。金属アレルギーの可能性は低いが、ゼロでは無い。前歯、奥歯に適応。
価格:86,400~108,000円

被せ物の比較及び価格歯の色に合わせた冠及び金属冠

ジルコニアオールセラミック冠
材質:ジルコニアプラスセラミック
ジルコニアの削りだしたキャップにセラミック加工したもの。強度が強く変色がない。
金属を使用していないので透明感が有り一番天然の歯に近い色合いが出せる。
金属アレルギーがほとんど無い。
価格:108,000~140,400円
オールジルコニア冠
材質:ジルコニア
ジルコニアを削りだして作成した冠で強度は一番強い。透明感がやや低く色も複雑な色が出せないので前歯にはあまり向かない。 破折の可能性が低いので、歯ぎしりの強い人や、インプラントの被せ物に適応性が強い。 金属アレルギーがほとんど無い。
価格:108,000~140,400円
銀パラジュウム冠
材質:12%金銀パラジューム合金
銀の金属の冠、固く金属の変色も有る。
金属色なので審美的にはあまり良くない。金属アレルギーの可能性が有る。
価格:保険適応範囲
金合金冠
高カラット白金金製のため、高精度で適合が良い。天然歯に近い硬さなので、対合歯を痛めない。金属色なので目立つ場合がある。金属アレルギー性は保険の冠よりは低い。
価格:64,800~86,400円
ポーセレンラミネート
材質:セラミック
歯を削る量が少なく歯並び、色を改善出来る。
歯ぎしりが強い人は破折する場合がある。変色が無く、金属アレルギーもほとんど無い。
価格:86,400円

詰め物の比較及び価格

12%金銀パラジューム合金
金属の粘りがない為適合が良くない。固い金属なので長期間の使用で隙間が出来る時がある。見た目が金属色で目立つ。金属アレルギーの可能性がある。
価格:保険適用範囲
セラミック
固い、見た目が自然で審美的。変色しない。
汚れ(プラーク)が付きずらい。金属アレルギーが起こる可能性が非常に低い。
価格:54,000円
ハイブリッドセラミック(プラスチックにセラミックの顆粒を混ぜ合わせたもの)
見た目が自然で審美的。金属アレルギーが起こる可能性が非常に低い。セラミックより柔らかく強度はも低い。やや変色する。
価格:32,400円
金合金
金属なので丈夫で粘りが有り最も適合がよい。歯と同じ様にすり減るので長持ちする。金属の溶け出しによる歯茎の変色。
金属アレルギーも少ない。金属色で目立つ自然ではない。
価格:32,400~54,000円

総義歯(総入れ歯)の比較及び値段表

レジン床義歯
材質:レジン(プラスチック)
プラスチックの総入れ歯は分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったりすることがある。咀嚼能率(ものを噛む能力)が低い。(天然の歯の約10・20%) 人工歯がすり減りやすい。
価格:保険適応範囲
 金属床義歯
材質:コバルトクロム合金
義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりも喋り安く、違和感が少ないです。又金属は熱の伝導率が高いので、食べ物の熱い冷たいを感じ安いです。
価格:162,000~270,000円
   金属床義歯
材質:チタン
金属の重量が軽く違和感が少ない。生体の親和性(なじみ)が優れているためアレルギー性がきわめて低い。薄く出来るので発音もしやすく。食べ物の熱い冷たいを感じやすい。
価格:378,000円
   コンフォート義歯
材質:シリコン(歯肉と接する部分)
入れ歯が接する歯肉が軟らかいシリコンで出来ているため、クッションの役割をするため痛みが軽減出来る。適合が良くピッタリするので安定が良い。特殊な材質の為専用の入れ歯洗浄剤が必要となる。
価格:105,840~108,240円+保険適応義歯費用(コンフォートはあくまで加工する費用です)

詳しくはこちらをご覧下さい。

部分入れ歯の比較及び料金

保険適応部分入れ歯
レジンというプラスチックにクラスプという金属のバネを歯に掛けて維持させます。
プラスチックは割れ安いので厚く作る為、装着時の違和感は大きくなります。バネの金属が見えるため審美性には劣ります。
価格:保険適応範囲
 金属床部分義歯
材質:レジン+金属(コバルトクロム)
床(土台)の部分を金属で作るため薄く丈夫に出来るので違和感が少なくしっかりと安定します。金属のバネの掛かる歯が抜けても修理し安いです。金属のバネが見える為見た目(審美性)に劣る事が有ります。
価格:162,000~270,000円
スマイルデンチャー
材質:スーパーポリアミドナイロン
金属のバネを使用しない義歯です。金属バネで無く、弾力の有る床で維持させる為見た目(審美性)も自然で薄く軽いので装着感も優れています。支えになる歯が抜けた場合修理が出来ません。
価格:97,200~172,800円
スマイルデンチャーCプラス
材質:スーパーポリアミドナイロン+金属(コバルトクロム)
ナチュラルデンチャーの床の部分に金属床の補強をした入れ歯です。ナチュラルデンチャーの装着感に金属床の義歯の強度を兼ね備えた入れ歯です。金属のバネが無いため見た目は自然になります。修理は難しいです。
価格:280,800円
保険適応部分入れ歯
レジンというプラスチックにクラスプという金属のバネを歯に掛けて維持させます。
プラスチックは割れ安いので厚く作る為、装着時の違和感は大きくなります。バネの金属が見えるため審美性には劣ります。
価格:保険適応範囲
 金属床部分義歯
材質:レジン+金属(コバルトクロム)
床(土台)の部分を金属で作るため薄く丈夫に出来るので違和感が少なくしっかりと安定します。金属のバネの掛かる歯が抜けても修理し安いです。金属のバネが見える為見た目(審美性)に劣る事が有ります。
価格:162,000~270,000円
スマイルデンチャー
材質:スーパーポリアミドナイロン
金属のバネを使用しない義歯です。金属バネで無く、弾力の有る床で維持させる為見た目(審美性)も自然で薄く軽いので装着感も優れています。支えになる歯が抜けた場合修理が出来ません。
価格:97,200~172,800円
スマイルデンチャーCプラス
材質:スーパーポリアミドナイロン+金属(コバルトクロム)
ナチュラルデンチャーの床の部分に金属床の補強をした入れ歯です。ナチュラルデンチャーの装着感に金属床の義歯の強度を兼ね備えた入れ歯です。金属のバネが無いため見た目は自然になります。修理は難しいです。
価格:280,800円
インプラント手術代
162,000円
人口骨(セラソルブ)による骨造成の場合50,000円プラス
インプラント土台(アバットメント)
32,400~43.200円
被せ物(インプラント上部構造)
86,400~140,400円

インプラント費用(当医院ではストローマン社製インプラントを使用しております)

矯 正 治 療 料 金(税込)

 精密検査  54,000円
 上下額全額矯正基本料金(金属ブラケット)  648,000円
 上下額全額矯正基本料金(セラミックブラケット)  702,000円
 部分矯正治療  216,000円~
 アソアライナー(透明マウスピース矯正治療)  324,000円~
 調整料  3,240円~5,400円(基本的に1~2ヶ月1回)